« 門デフってなぁに? | トップページ | ばんもの最終日 »

2007年11月24日 (土)

ランチ・コンサート

Dscn7861 今日は福島市のビストロ・ミカサで、IN THE WINDのランチ・コンサートが有りました。
このお店はオムライスが有名で、ピアニカさんのブログで紹介されたことも有ります。
これは一度食べてみたいと思っていたので、これ幸いとIN THE WINDを応援するお仲間の、まさひでさんと一緒に行ってきました。
12時からと言うことでしたが、ちょっと早めに行ってお店の前で開店を待ちました。

    

Dscn7862マスターのお話では、前田豚のポークソテーなどもお勧めとの事でしたが、ピアニカさんは、「最初はオムライスから・・・。」と仰るので、素直に(笑)オムライスをお願いしました。
ふわふわ卵にスパイスの効いたケチャップライスがマッチして、とても美味しかったです。
Dscn7865 コンサートの方は、地雷也さんがお仕事の都合で遅れて到着したので、スタートが13時頃になってしまいました。
結果論ですが、美味しい食事をゆっくり楽しんで、その後コーヒーをいただきながらコンサートを聞くことが出来て、音楽を楽しむのには良かったと思います。
この日の出演者は菊地ご夫妻と、仙台市でご活躍中のベース奏者の、マシュウ桜井さんでした。

Dscn7863_2 今日の演奏曲目は次の通りです。
・悲しみのジェットプレイン
・No Other Name
・There Is A Ship
・北斗星
・Rich Man Poor Man
・Motherless Child
・And When I Die
・Don't Laugh At Me
・あかとんぼ
Dscn7864・I Shall Be Released
・北へ行く河
以上11曲でした。

桜井さんのベースは1889年製だそうで、とても貴重なウッドベースです。私達は、ベースのすぐ近くの席で聞くことができましたが、ベースの生音は最高でした。弓を使った演奏も有りましたが、心にしみ込む様な深い音色でした。
Dscn7872 地雷也さんの演奏と歌声は、福島サティ駐車場での、トラックの日関連のイベント以来でした。
今日はお仕事帰りとのことで、スーツ姿で登場しました。
さすがエリートビジネスマンで、スーツ姿も決まっていました。

Dscn7873桜井さんの専門はジャズベースだそうで、とっても格好良い演奏にしびれました。
ギターはお休みして、桜井さんのベースだけでピアニカさんが歌う曲もありましたが、ジャズの雰囲気が漂いすごく大人のムードでした(^_^;)

ゆっくり食事をして、ゆっくり音楽を楽しんで、お店を出たのはもう午後2時半を過ぎていました。
のんびりとした贅沢な午後でした。

|

« 門デフってなぁに? | トップページ | ばんもの最終日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130732/17200734

この記事へのトラックバック一覧です: ランチ・コンサート:

« 門デフってなぁに? | トップページ | ばんもの最終日 »