« 蒸気の急行列車 | トップページ | あの頃の都電 »

2009年1月11日 (日)

謎の新車(笑)

昨日から雪が舞っていて、今朝はあたりが真っ白になっていました。
寒くて外に出たくないので、引き篭もり生活です。せっかくの連休なのに・・・。
まぁ、出かけたくても資金難と言う問題もありますがね(^_^;)

いつもお邪魔しているくろくまさんのブログで、昨日はそれまでのD51に代わって貨物輸送の主役になった、DD51の写真が掲載されていました。
国鉄の路線上から蒸気機関車牽引の列車が消えた2日後、既に廃車になったD51やいまだに入換作業を続けるキューロクと共に写っているのは、その年の2月に日立で製造されたばかりのDD511100でした。

0336_071
昭和50年5月4日 8002レ 特急「つばさ51号」 横手駅にて

この機関車は、記録の上では昭和50年2月27日に新製配置で、小樽築港機関区に配置された事になっています。
でも記録には有りません(貸出しと言う形でしょう)が、その年の5月の連休には奥羽本線で働いていました。
当時の私は、大学の関係で米沢に住んでいて、奥羽本線のDD51は良く撮影に行っていました。
この日は、せっかく遠征したのに雨に降り込められて意気消沈していましたが、初めて見るナンバーにいきなりテンションが上がりました(笑)
当時の奥羽本線のDD51は、山形と秋田の両機関区に配置されていましたが、一桁代の超若番の他には、500番代・600番代ばかりでしたから、1000番代の機関車は新鮮でした。

この機関車は、その後10月に岩見沢第2機関区に転属になり、恐らく室蘭本線や夕張線の貨物列車牽引に活躍したと思われます。
いつ秋田機関区に来て、いつ帰って行ったのか全然判りませんが、記録上は北海道を出たことの無い機関車を、東北の片田舎で見たというちょっと不思議で楽しい思い出です。

750504_8002yokote
 昭和50年5月4日 8002レ 特急「つばさ51号」 横手駅にて

おまけの写真ですが、ホームを離れる8002レです。
これは、当時キハ181系で運転されていた特急「つばさ」を補完する目的で設定された、昼行の客車特急です。客車は北オクの14系客車が使われていました。
こちらの客車も、2年ほど前に新製されたばかりの新車でした。

|

« 蒸気の急行列車 | トップページ | あの頃の都電 »

コメント

コラボありがとうございました。
「つばさ51号」、これまたレアですね。
当時、渡道する際によく臨時に乗りましたが、14系が来ると「ラッキー」でした。
見た目が似ている12系とは、段違いに乗りやすいシートでしたから。

蒸機晩年の2月に新製、5月には奥羽で助っ人、10月に岩見沢転区。
そして12月にはD51駆逐舞台として夕張にやってきた数奇なDL。

コラボされて初めてこのDLを取り巻く環境がクローズアップされたのでしょうね。
これも、ブログ繋がりの弦在だから可能なのでしょう。
30年前には想像もできなかったネット社会にカンパイ、です。

投稿: くろくま | 2009年1月12日 (月) 11:38

☆くろくまさま
つばさ51号は、当時の奥羽線沿線の住人には、憧れの列車でした。偶然この列車を牽くところを見たから、余計印象に強く残っていたんですね。
くろくまさんのブログで、この1100号の写真を拝見した時に、すぐに「アッ、あれだ!」って思い出しました(^^ゞ
この1100号、今はJR-H所属で北斗星色になり、毎日優等列車牽引に活躍している様です。

投稿: あべくま | 2009年1月12日 (月) 12:37

舞台→部隊でした。はははっ

投稿: くろくま | 2009年1月12日 (月) 21:26

☆くろくまさま
「ぶたい」違いですね。了解です。

投稿: あべくま | 2009年1月18日 (日) 23:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130732/43706584

この記事へのトラックバック一覧です: 謎の新車(笑):

« 蒸気の急行列車 | トップページ | あの頃の都電 »